へその下 ぽっこり 筋トレ

「へその下 ぽっこり 筋トレ」


hesonosita_pokkori_kinntore


あるとき、へその下のぽっこりお腹に気づき筋トレで解消することを思い立ちました。


こんな私は、現在、身長158センチ 体重48キロ。


もともとそれほど太ってはいなかったのですが、へその下のぽっこりが気になりだしました。


実はいろいろお試ししたのですが、成功したといえる方法が、ヨガとお気に入りのPVを観ながら行う筋トレダンスです。


そしてやる気がある時や、余裕がある時は、さらに腹筋や背筋、スクワットをします。


自分を追い込みすぎるのは良くないと思い、腹筋、背筋、スクワットは、部屋でテレビをみるときに、見る前に少しやるくらいの負荷としています。


あとは、3キロくらいのウォーキングをほぼ毎日しています。


「へその下 ぽっこり 筋トレ」の効果を感じたのは・・・


普通の方は、筋トレの効果は、半年くらいコンスタントに続けられると実感できると思いますが、私の場合は結構すぐにお腹がひっこむというか、1週間くらいで、自分の中では効果を感じられることができました。


「食事量を減らしていること」そして、「ちょっとしたサプリを摂取したこと」もよかったのかな???って思います。


「へその下 ぽっこり 筋トレ」時の食事とは?


基本的に毎日、朝と昼を中心に、良質のものを食べるようにしていました。とくに18時以降の夜はあまり食べないようにしています。


こうした筋トレと食事制限のおかげで、へその下のぽっこりお腹がへこんだことはもちろん、身体が軽くなり、さらには、睡眠が深くなり、朝がすっきり起きられるようになるという、うれしい副産物までありました。


こうしたこともあり、物事に対して前向きに取り組むことができるようにもなっています。


睡眠が深いと、朝起きた時にモチベーションが高く、その日1日を有意義に過ごすことができるので、良い循環が続く気がしています。


筋トレしてみて現在・・・


筋トレしてみたことで、現在ダイエットにもつながり幸せを感じています。


幸せ、というのは筋トレをしたから、というだけではないと思いますが、筋トレをして身体が出来てくると、そのほかのことも良い展開になってくるようで、結果的には、毎日行う筋トレがルーティンとして定着していって毎日が充実しています。


特に大きな変化や事件がなくても、日常のこの充実感、これが幸せなのだと思います。


「へその下 ぽっこり 筋トレ」の【まとめ】


さて、最後にこんな私が、食生活などで気を付けたことを書いておきます。


まずは、とにかくあまり食べすぎないこと。


そして食事は良質の食材と調味料を選んで、自分で手をかけて料理したものを食べること。


料理をすることやキッチンを整えることが無意識でできてくるころに、からだもスリムになっていることとおもいます♪


>>わたしが筋トレのお供にしたコアスリマー

 

サイトマップ